トピックス

2017年09月28日

9月23日、名古屋市内においてアスベスト対策愛知連絡会の第9回総会が開催され、引き続き愛知でのアスベストによる健康被害の掘り起こしと救済支援を基本に、じん肺根絶とも情報交換を進めて行くことを確認しました。

第9回総会には約30名が参加し、はじめに独立行政法人労働者健康安全機構・旭労災病院 健診部部長の横山多佳子医師より「一般的な石綿疾患の健康管理について」と題して記念講演があり、その後、各団体の活動報告・会計報告及び予算案・運動方針・役員体制を確認しました。

第9期 運動方針

1.建造物の取り壊し等でアスベスト飛散の発生する可能性が高いために工事現場からの情報に対応   する。また、相談活動を続行し、被災者の掘り起こし労災認定などを重点に必要な意見交換を進める。

2.新しい「判決」(X線、CT)などから、アスベストやじん肺に関する知見、アスベスト被害実態などの学習、見聞を拡げる。

3.医師・研究者との交流・協力・共同を進める。

4.講習を受けるなど専門知識を得られる取組を行う。

5.行政機関への要請、健康管理手帳取得支援、国と企業の責任による被災者救済、ビル解体に伴う粉じん対策などを行う。

6.全国の運動の情報化・情報交換を進める。

7.季刊紙「いしわた情報」発行し、拡げる。

8.団体・個人会員の拡大を進める。

カテゴリー: トピックス
国鉄労働組合名古屋地方本部
〒453-0015 名古屋市中村区椿町20番15号 名古屋国鉄会館内 TEL:052-452-0326 FAX:052-452-0328 .